メンテナンス中につき、表示が崩れている箇所がございます。
[W5] 早稲田-教育-日 傾向と対策
試練の渓谷

早稲田大学|教育学部|日本史【傾向と対策】

試練の渓谷 早稲田大学教育学部
成成くんは、
「早稲田大学|教育学部|日本史」の傾向と対策を知るため
試練の渓谷を訪れた

早稲田大学教育学部の日本史の特徴

成成くん
科学先生、ぼく早稲田大学の教育学部を受験しようと思っています!!
成成くん
そこで、「教育学部の日本史」の特徴を知りたいんですが、どんな感じなんですか?!
科学先生
成成くん、最初に相手を知ろうとすることはとてもいいことだね!!
科学先生
では「教育学部の日本史」の特徴について説明しよう!!
「早稲田大学|教育学部|日本史」の特徴とは

◎「テーマ史」と「江戸時代以降」を出題されることが多い!

→なので!
通史を終わらせた後、特に「テーマ別の復習」と「近現代」に力を入れることが必要!

成成くん
なるほど、ポイントは「時代ごと」というよりも「テーマごと」なんですね…
科学先生
そうなんだよ。
科学先生
「○○時代は完璧!」となるのは当たり前で、その上の勉強が求められるんだ!
科学先生
「テーマごとに連想させて引き出していく」ことが大切になってくるね!
成成くん
わかりました!頑張ります!

早稲田大学教育学部の日本史の難易度

成成くん
「教育学部の日本史」についてざっくりはわかりました。
成成くん
なので次は具体的に難易度を教えて下さい!!
科学先生
よし、わかった!!
科学先生
それでは「教育学部の日本史」の難易度について3つの視点から見てみよう!!
難易度①の視点<通史の難易度>

早稲田大学教育学部の日本史の「通史」は、他学部と比べると難しくはない

→しかし!
出題形式が時代ごとではなくテーマごとなので時代を超えた理解が必要となる

→なので!
日本史の流れを全て暗記した後、テーマごとの対策が必要になってくる!

成成くん
なるほど、教育学部の特徴でもあるテーマ史が自然と難易度を上げているんですね。
科学先生
そう、ただ通史を覚えていてもダメ。
科学先生
解答を見て、「あー、これが答えだったか」と理解して安心してしまうと得点の向上は望めないってことなんだ。
成成くん
わかりました!テーマごとにもう一度復習してみます!
難易度②の視点<文化史の難易度>

早稲田大学教育学部の「文化史」は、
やや難しいレベルになっている

→とくに!
文化史もテーマで分けて出題されるため、
時代を超えたつながりを考えられるようにならなくてはならない!

→ということで!
文化史の語句をしっかり暗記した後、
テーマごとで復習していこう!

成成くん
ぼく、「文化史」って通史と一緒に勉強していました…
科学先生
そうか。それは教育学部の日本史を攻略するためには実践的ではない勉強法かもしれないね。
科学先生
文化史に特化した参考書を勉強していってみよう!
成成くん
わかりました!文化史をもう一度やり直してみます!
難易度③の視点<史料問題の難易度>

早稲田大学教育学部の「史料問題」は、
難しいレベルになっている

→基本的に!
文章中の重要語句から連想させる問題が多い。

→ということで!
「年号」や「元号」、「重要人物の背景」、「旧国名」などから
しっかりと関連語句を連想できるようにしておくと良い!

成成くん
なるほど、「連想力」ですね。
科学先生
そうだね!年号をしっかりと暗記して時代背景をつかんでいくことが大切になってくる。
科学先生
マインドマップやメモリーツリーを作成してみることがおすすめだよ!!
成成くん
わかりました!覚え方を連想重視に変えてみます!!

早稲田大学教育学部の日本史の出題傾向

成成くん
教育学部の日本史がなぜ難しいのか、とてもわかりました。
成成くん
なので次は、どういう問題が出題されるのか具体的に教えて下さい!!
科学先生
そうだね!ここから「早稲田大学教育学部の日本史」について深く研究していくよ!!
科学先生
では、出題傾向を見てみよう!!
早稲田大学教育学部の日本史の出題傾向

例年、大問が5題出題されていて、
ほぼ全てがテーマ史になっている。

→その中で問題形式は
「空所補充問題」
「語句連想問題」(記述も有)
「正誤問題」
「年号並び替え問題」
が出題される

成成くん
なるほど、ただ語句を聞くだけではなく、連想する力を試されているんですね!
科学先生
そうなんだよ!ただ暗記してれば答えられるわけではないから注意だね!
成成くん
わかりました!

早稲田大学教育学部の日本史への対策

成成くん
出題形式がわかったので、次は「対策方法」を教えて下さい!!
科学先生
そうだね!対策を講じないと点数は上がらないからね!!
科学先生
では、教育学部の日本史に有効的な「対策方法」を見てみよう!!
出題形式①「語句連想問題」への対策

早稲田大学教育学部の日本史の「語句連想問題」は、
ヒントをいくつか探すことから始めよう!

→中には!
1箇所だけをヒントにして解答しては
間違えてしまうヒッカケ問題もあるから要注意!

→ということで!
1つの語句やヒントから多くの情報を引き出せるようにしておこう!

成成くん
なるほど、出来た気になっていても、ヒッカケ問題に気づかないとダメですね。
科学先生
そう。しっかりとヒントをさがしていこう!!
成成くん
わかりました!!
出題形式②「正誤問題」の対策

早稲田大学教育学部の日本史の「正誤問題」は、
教科書レベルを超えた難解な問題も出題される

→しかし!
そのレベルの問題は、誰しもが苦戦するので、
他の受験生と差はつかない!

→なので!
満点を目指さず、合格点レベルを目指して解いていこう!

成成くん
なるほど、分からない問題は無理に時間をかけずに基本的な問題を落とさないようにします!!
科学先生
そうだね!そのためにも、参考書は完璧に暗記してしまおう!!
成成くん
わかりました!!

早稲田大学教育学部の日本史と似ている他の大学・学部

成成くん
早稲田大学教育学部の日本史についてはほとんどわかってきました。
成成くん
これからは、この情報をもとに問題演習をしていきたいと思います!!
成成くん
なので最後に、出題形式が似ている他の大学・学部を教えて下さい!!
科学先生
いいじゃないか、成成くん!!
科学先生
最後の問題演習には「過去問」が一番効果的だからね!!
科学先生
では、早稲田大学教育学部の日本史と出題形式が似ている他の大学・学部を見てみよう!!
早稲田大学教育学部の日本史と似ている他の大学・学部は?

・早稲田大学→商学部

成成くん
なるほど、テーマ史というとなかなか絞られてくるんですね。
科学先生
そうだね。なかなかMARCHレベルの問題だと対策ができないんだ。
成成くん
わかりました。早稲田大学の問題をたくさん解いていくことにします!

早稲田大学教育学部の日本史まとめ

早稲田大学教育学部の日本史のまとめ

①大問が5題出題されていて、ほぼ全てがテーマ史

②制限時間は60分

③問題形式は空所補充問題・語句連想問題・正誤問題・年号並び替え問題

④通史の暗記が終わった後、テーマ史の対策は必ずすること

⑤文化史の対策は通史とは別にしていこう

⑥年号暗記もしておこう

⑦史料問題の対策用には「マインドマップ」「メモリーツリー」を使うと良い

勉強のペース

成成くん
ここまでで「早稲田大学教育学部の日本史」の攻略法はわかりました。
成成くん
でも、「早稲田大学教育学部」に合格するために「どのくらいのペース」で勉強を進めていけばいいかわかりません。
科学先生
たしかに、1日にどのくらい勉強すればいいか分からないと計画的に勉強できないからね。
科学先生
ただ、大学受験は他の教科や単元との兼ね合いもあるし、人それぞれ得意不得意があるから「勉強のペース」を一般的には決められないんだ。
成成くん
たしかに、言われてみればそうですね。4月に勉強を始めた人と9月から始めた人が同じペースで勉強していたら変です。入試に間に合うように勉強しないといけないですね。
成成くん
そうしたら、ぼくはどうしたらいいんでしょう。
科学先生
まかせて、成成くん。そんなキミにピッタリのものがある!!
科学先生
それが成成予備校の「合格スケジュール」だ!!
成成くん
合格スケジュールってなんですか?!
合格スケジュールとは

「合格スケジュール」は、
1人ひとりの合格から逆算した精密なキミだけの勉強計画なんだ。

毎日「その日にやらなければならないこと」が明確になるため、
志望校合格への「最短ルート」から外れずに勉強することができるようになる。

科学先生
つまり、合格スケジュール通りに勉強できれば志望校に合格できる訳だ。
成成くん
なるほど!ぼくも合格スケジュールが欲しいです!どうしたらいいですか?!
科学先生
合格スケジュールを作るためには、「大学受験とはどういうものか」ちゃんと理解しないといけないからね。
科学先生
まずはそのために、「成成予備校の公式無料メルマガ」に登録しよう!
成成予備校は、このメルマガを14日間読み、大学受験についてしっかり理解した受験生限定で「合格スケジュール」を無料で作成するサービスを行っているんだ。
成成くん
なるほど、分かりました!登録します!!
関連記事
PREVIOUS
NEXT

  • Rss